• Home
  • ニュース
  • 情報
  • 各国のデジタル集会

6月17日、世界の9つの子会社のセールススタッフがマックスドルフ本社に集まり、恒例のインターナショナル・セールス・ミーティング(ISM)を開催した。主な内容は、現在のビジネス展開、機械や建物への投資、新製品の発表などです。

ISMは、ミヒャエル・マイヤー氏が経営を引き継いでからスタートし、今回で24回目の開催となりました。ドイツで数日間にわたって行われるこの会議は、通常、国際的なチームビルディングのための共同活動によって補完されていますが、今年はパンデミックの影響で、2回目のビデオ会議形式で行われました。しかし、このことは活発な交流を損なうものではなく、emtechnikは再び、対面での交流がなくても、会議をオンラインのコンセプトで成功させることに成功しました。

経営陣による同僚への歓迎の言葉の後、プレゼンテーションを行う前に、参加者全員が各国の出来事を報告する機会がありました。

ミーティングの一環として、プロダクションマネージャーのMatthias Feigeが生産施設のバーチャルツアーを行い、参加者に現地での新しい投資について説明しました。

「最終的には、パンデミックをきっかけに、デジタルでのプレゼンテーションや交流の機会をより積極的に活用し、この規模のオンラインカンファレンスを開催する貴重な経験を得ることができました。来年も直接お会いできることを楽しみにしていますが、バーチャルツアーなどの一部のデジタルフォーマットは引き続き維持し、既存の会議文化を補完していきます」と、会議が成功裏に終わった後、Michael Meierは語った。

要旨に戻る